ミノマイシンを通販で購入

大人ニキビ、吹き出物に悩まされ、現在はミノマイシンを使っています。
minomai

現在28歳になりますが、2~3年ほど前から白ニキビと赤ニキビが口の周りにできていました。

最初は、小さなニキビだったのですが、どんどん大きくなり、痛みを感じるほどの悩み。

25歳の頃は、まったくニキビはできていなかったんですが、おそらく仕事環境の影響だと思いますが、ストレスでニキビができやすくなっていたと推測しております。
nikibi

たかが顔に赤いブツブツができるくらいなので、死ぬわけではありません。
が、自分で言うのもなんですが、やはり見た目が気持ち悪い・・・。

人と合うのがイヤになります・・・

そのようなことから、ニキビを完全に治すために始めているのがミノマイシンです。
apo

私の悩まされている”大人ニキビ”や、10代に多い思春期ニキビの原因は、アクネ菌という皮膚の常在菌の一種が過剰に増えること。

ミノマイシンの効果として、このアクネ菌を抑制してくれる作用があるために、ニキビを完全に抑える効果があると言われているために、私も通販を利用し購入を決めました。

ミノマイシンの通販・詳細はこちら

 

アクネ菌とミノマイシンの効果について

私の勝手なイメージだったんですが、”ニキビ”と聞くと、青春時代の若い人に発症しやすいお肌の悩みと思っていました。

でも、私のように20代でも、30代でもニキビに悩む人は多いと思います。

ニキビが発症する原因として、人によってそれぞれ異なりますが、必ずしも皮脂分泌が多いからといってニキビが出来るわけではありません。
abura

この部分はすごく重要で、ニキビの出来る仕組みとしては、毛穴の出口の角質が厚くなり、毛穴を塞いでしまうこと。

しかし、この段階ではニキビにはなりません。
毛穴が塞がれている状態で、皮脂がつまり、そこにアクネ菌が集まり、皮脂をパクパクと食べ始めます。
jinnseiwomudanihadekinai

すると、アクネ菌たちが、皮脂を栄養分にしてドンドン増殖するために、これが決定的な原因となりニキビが起こってしまいます。

つまり、思春期にできるニキビも、大人ニキビも根本的な原因はアクネ菌が関係してくるわけです。

たしかに、ニキビ予防のために、皮脂分泌を抑えることも大切ですが、皮脂の少ない人や乾燥肌の人でも、アクネ菌が多ければニキビができることもあります。

そこで、アクネ菌を抑えるためにミノマイシンを使います。
apo

ミノマイシンはもともと、アクネ菌だけを死滅させるために開発された薬ではなく、テトラサイクリン系の医薬品になります。

テトラサイクリン系とは、簡単に言うと抗菌剤に分類される薬。
ミノマイシンを服用することでアクネ菌の他に、
「グラム陽性菌、グラム陰性菌、クラミジア、リケッチア」などにも効果があり、有効的に利用されています。

そのために、ニキビだけでなく、
「口内炎、歯肉炎、子宮内感染、気管支炎、気管支肺炎、リンパ管炎、リンパ節炎・・・」など、さまざまな感染症に対しても効果が期待できます。

 

ニキビに悩まされなくなった

私の感覚として、ミノマイシンはニキビを抑えてくれる効果はあると思います。
飲み始めてから、ほとんどニキビに悩まされなくなりました。

ただ、あくまでもニキビは医薬品なので、ずっと飲むと副作用が起こる危険性があるために、私は一度おさまったら、服用を中断するようにしています。

そしてまたニキビができ始めたらミノマイシンを服用する。
こんな感じで、ニキビ対策をおこなっております。

ミノマイシンの通販・詳細はこちら

 

通販でミノマイシンを購入

ミノマイシンの購入についてですが、私は通販を利用しています。
aseruna

もちろんですが、ミノマイシンは病院でも処方されているために、診察を受ければ、医師の支持に従い、処方を受けることもできます。

ただし、自宅近くに病院があれば問題はないかと思いますが、遠方になると毎回通うことになるため大変。
なおかつ、病院から処方してもらう量は約2週間とされているために、毎回のように2週間に1かいのペースで通院をしなくてはいけない。

私が通販で購入しているミノマイシンは、1箱に100錠含まれているために、約2~3ヶ月ほど継続して使うことができます。

ミノマイシンも医薬品の一つですが、個人での利用に限り、インターネットを利用し、通販で購入することは許可されています。
※購入した医薬品を販売することはダメ

現在では、インターネットを利用した通販では、医薬品のような小物は送料・手数料は無料で購入することができます。
なおかつ、注文先には医薬品専門の方が対応してくれるために、安心して薬を注文することができます。

ミノマイシンの通販・詳細はこちら

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加