仕事やプライベートなど、様々な環境により、ストレスが溜まる人もいると思います。
人生の中で、ストレスがたまらない人はいないと思いますが、過剰にストレスが溜まってしまい、ホルモンバランスが影響し、脂質量が過剰になってしまい、ニキビが起こってしまいます。

そのために、ストレスをできるだけ避けるためにアロマテラピーがオススメです。

アロマテラピーの香りは、大脳辺緑系という感情に関係する所にダイレクトに働いてくれます。要するに、良い香りを嗅ぐと、人は無条件に良い気分になり、ストレスをやわらげることができるということになります。

アロマセラピーは、またの名を芳香療法とよび、ハーブなどの植物から抽出された精油を体内にトロコム自然療法です。

アロマオイルもハーブもどちらも元は同じ植物ですが、ハーブはハーブティーに用いられるいられる。植物が持つ全ての成分をそのまま利用します。それに対し、アロマオイルはエッセンスのみを抽出し、その芳香療法が保つ作用が利用され、ストレスを緩和してくれる。

アロマセラピーの成分が鼻の鼻腔の粘膜に付着することで、その情報が、細胞化して、感情や方ん脳を司り、大脳辺緑系に伝達されます。

なんだか「たかが臭いでしょ?」っと軽く思っていたんですが、特有の成分が含まれている臭いで、脳内のでんタブ物質を和らげ、自律神経のバランスが整われるために、ストレスを和らげ、ホルモンのバランスを整えることができ、ニキビの予防にもつながります。

得に、有名なアロマセラピーとしては「ラベンダー」ですね。
緊張を解きほぐして、イライラや怒りを縮める効果があるとされています。
なおかつ、ストレスが溜まると不眠症になりやすいとされていますが、ラベンダーは睡眠作用があり、眠る前に用いる香りとしてもオススメ。

頭痛や肩こりがあるときもオススメ。