ひとことで抗生剤と言っても、複数の抗生剤が有り、合う薬は人によって違う。
私の場合、ミノマイシンをニキビのために使っていますが、その他にも「歯肉炎、口内炎、気管支炎、気管支肺炎、リンパ管炎」など、細菌を抑えるために幅広く使われています。

ミノマイシンは「セフェム系」の抗生物質が効かない場合によく利用されるそうです。

このセフェム系で有名なのがフロモックス。
セフェム系というジャンルの抗生物質も細菌の細胞壁の剛性を抑えることで殺菌作用を抑えてくれます。

感染症を根源から治すため、結果として発熱や頭痛などの症状を緩和してくれる。ただし、副作用があり、便秘や下痢が起こりやすいと言われているために、使うときには注意が必要。用法用量を守り、服用すること。

こうのような副作用症状を予防するために、乳酸菌などの整腸剤を一緒に服用したり、あとはヨーグルトなどを毎日のように食べること。このような当たり前のようなことを行うことで、副作用を最低限抑えることができ、薬特有の効果を発揮することができます。

薬を服用するときも、定められた用法用量を守り、空腹時の服用を避け、なるべく食べ物や飲み物をとってから行うこと。

そして、薬と一緒に水またぬるま湯と一緒に服用。

なんだか”あたり前”のようなことですが、薬の副作用を抑え、効果を最大限に発揮するためには必要不可欠なことになります。