あくまでもミノマイシンは、ニキビの原因であるアクネ菌を抑制する効果になります。
ミノマイシンの主要成分に「塩酸ミノサイクリン」という特殊な成分が含まれているために、最近の一種であるアクネ菌を完全にお抑えてくれる。

しかし、ニキビの発生を抑える効果はありますが、ニキビが出来たあとの炎症、それからクレーターを改善することはできません。

ボコボコとしたクレーターの場合は、なかなか治すことが困難。
クレーターの場合は、ニキビができたあとに、再生しない「真皮層」にまで大きなダメージをあたえてしまうことがよういんです。

そのために、どうしても改善したい場合は、美容皮膚科で行うリチル酸ピーリングなどの治療を受けることが重要。

リチル酸は、角質を柔らかくする効果があり、イボや足のガサガサのクリームにも配合されています。
角質を柔らかくすることで、角質層を薄くすることで、柔らかくなり、徐々にクレーターの改善に期待ができるということになります。

どうしても気になる人は、一度検証してもいいかもしれません。
クレーターをそのままにしておくと、ドンドン進行してしまう恐れもあるために、注意が必要です。

ニキビを潰さなくてもクレーターになる人もいる、これは同じようなニキビでも、そのニキビの炎症具合は個人差で異なります。体質や肌の質、脂質量、いろんなことが関係し、ニキビの跡にクレーターが起こるか、起こった時に、どれくらい跡が残るのかは個人差がでてきます。

クレーターができてしまう人は早めに皮膚科で飲み薬などを処方してもらうことが改善に近づくと思います。